贈り物とは人柄があらわれるもの

贈り物をする際のギフト包装について

贈り物とは人柄があらわれるもの
どんな物でも贈り物をする時は、必ず包装紙や封筒などで包み、リボンなどをつけたギフト包装がされています。
自宅用で買う時は、簡単な簡易包装ですが、相手に物を贈る以上失礼のないよう、また喜んでもらえるような包装をしないといけません。そういった包装をギフト包装と言いますが、具体的にはどのような包装があるかを紹介します。
私は、ある贈答品を取り扱うお店に勤めていました。
直接店舗に来られて、商品を買われる方もいれば、通販で発送される方もいらっしゃいます。
お持ち帰りの場合と発送の場合では、包装の仕方が変わります。
贈り物をするということは贈り主が相手に特別な想いを込めて贈られます。
商品自体はもちろん喜んで頂けるように選ばれたものですが、やはりその商品を包み込む包装の仕方が綺麗か、丁寧かによっても相手の喜び方は違ってくると思います。

例えば、単純に箱に入った商品を包装する時には、包装紙を使いますが、包装紙がしわしわになってしまっていたり、ゆるく包装されていたり、角が崩れてしまっていては気分も悪いです。

包装箱に隙間なくぴったりとキレイに包装されていると頂く側にとっては見栄えもよく嬉しいものです。

ただ隙間なくキレイに包装するために包む際、折るたびにセロハンテープで止めていることも多いと多いと思います。
開封する時にはテープで止めてあるためにビリビリに破って開けてしまうこともあります。
私が勤めていたお店では、贈り物を受け取った方にも気持ちよく開封してもらえるように、セロハンテープは一切使わずに包装するよう言われていまいた。当然、包装する時に緩くならないようにしっかりと押さえながら丁寧に包装しなければなりません。
しかし、そう言った配慮によってギフト包装された商品は贈り主も贈り先も気持ちよくやり取りができると思います。

贈り主と贈り先の両者の間に入るからこそ、特別な配慮がいります。
発送されるのであれば、包装の仕上がりに加え、破損されないような梱包が必要となってきます。
直接買いに来られた方には、お待たせする時間を少しでも少なくして、素早くかつ丁寧に包装しなければなりません。贈り物をする時、そう言ったギフト包装がされているか、気遣いがされているかをみてみるのもいいのではないでしょうか。

Copyright (C)2018贈り物とは人柄があらわれるもの.All rights reserved.